通信業界出身者に絞って人材を探す際のメリット・デメリット

技術の進歩が著しい通信業界、その仕事内容こそ、豊富な種類があります。有線や無線の電気通信設備設置、電話回線の工事、社内インフラなどの設計、システム設計や運用、保守などで、それぞれに資格を必要とし、エンジニアとして活躍が期待されます。常に最先端を知っておく必要があり変化が速いことから、常時人材を募集している業界でもあり、通信業界の出身者であればなお役立てます。最新の技術に触れられるので、仕事をしながらスキルアップ、知識の習得ができます。時代の最先端分野でもあり、人気のある企業も多いです。一方、情報の更新が早く、時代と共にどんどん変化のスピードも速くなっているため、学び続ける努力が必要です。またトラブル対応ともなれば休日出勤等の対応も多く、精神的にも体力的にも大変な部分もあります。

通信業界の人材サービス、働き方は大きく2種

通信業界において、基盤やネットワークのエンジニアは常に不足している状況です。どんどん新しいサービスが展開していることから、営業もできるエンジニアならより重宝されます。即戦力となる人材やいいエンジニアは「囲い込み」が行われており、働き方ひとつでどんどん活躍の場を広げられる業界です。反対に業界はサービスをアウトソーシングで対応する事も多く、派遣のエンジニアも多く求められています。常に最先端を走り続ける働き方と、一つの技術を極めスキルを身に付けていく働き方、通信業界での人材サービスでは大きく2つの働き方をベースに、その人その人に合ったお仕事紹介を行っています。即戦力となるエンジニアはそのスキルを活かしてどんどんキャリアアップでき、経験が浅いエンジニアは経験を積みスキルを上げることもできる。これは通信業界での働き方の特長といえます。

通信業界の人材サービスが求めているのは即戦力

通信業界は多くの企業で中途採用での人材確保を考えています。即戦力となる人材を求めているからであって、特に営業職では一度に多くの人数確保を考えている企業も多いのが特徴です。通信業界では自社で通信インフラを持っている「一種キャリア」と、一種キャリアから卸で販売する「二種キャリア」、営業を行う「代理店」があり、一種キャリアと二種キャリアの求人は特に人気となっており、選考の難易度も高いです。一方代理店では選考基準が低めであることから、採用される可能性も高いです。その分成果主義、飛びこみ営業といったハードな仕事が多いので気をつけましょう。通信業界専門の人材派遣サービス利用をお考えなら、代理店の求人ではなく、優秀な人材を求めているキャリアの求人を多く扱っている会社を選ぶのがおすすめです。